薄毛になる原因の男性ホルモンとは?

薄毛になる原因の男性ホルモンとは?

男性の薄毛は男性型脱毛症と呼ばれ、男性ホルモンが原因となっています。

男性ホルモンの一つテストステロンは、男性的特徴を形成するためのホルモンですが、5αリダクターゼの働きにより一部がジヒドロテストステロンへと変換され、このジヒドロテストステロンこそが薄毛の原因です。

多くの男性が、加齢とともにジヒドロテストステロンの影響により徐々に薄毛となっていきますが、5αリダクターゼの分泌が活性かどうかは遺伝によるとされています。

このため、高齢の男性でも若い頃と同じような頭髪量を保っている人もいれば、20代から既に薄くなり、30代になった頃には頭髪の多くを失う人がいるなど様々です。

5αリダクターゼは優性遺伝のため、両親のどちらかが薄毛の場合は例外なく薄毛となります。

男性ホルモンを抑制することが出来れば薄毛は治る?

男性ホルモンを抑制することが出来れば薄毛は治る?

男性ホルモンを抑制すると薄毛が治るという考え方は、間違いではありません。

これは、男性型脱毛症の原因となる物質が、男性ホルモンから生成されているためです。

薄毛の原因となる物質を男性ホルモンであるテストステロンから原因物質を作り出すための酵素が活性かどうかも関係しています。

テストステロンの分泌を抑えることができれば、薄毛の原因となる物質は必然的に減少することになります。

育毛剤には、男性ホルモンを抑えるための物質が実際に含まれており、薄毛の進行をストップすることができます。

失われた毛根を復活させることは不可能ですが、毛根が失われる前に対策することで、進行を抑えるだけでなく、毛髪量がある程度戻る可能性もあります。

女性ホルモンは薄毛を抑制する効果がある?

女性ホルモンは薄毛を抑制する効果がある?

薄毛で悩んでいる方は、さまざまな方法でそれを改善していくことができますが、メカニズムを知ったうえで、自分にあった方法を選択していくことが大事です。

ちなみに、薄毛になってしまう理由として、男性ホルモンが増えてしまうということが挙げられます。

そのため、女性ホルモンを使っていくことで、これが薄毛も抑制する効果があるということで、サプリメントや育毛剤でも使われていることがあります。

女性でも、年齢とともに、この女性ホルモンが減ってしまうことで薄毛になってしまうことがあり、逆に男性ホルモンが増えていくということもあり得ます。

そういった時に、女性ホルモンが活性化する方法をとることで、薄毛対策をしていくことも可能です。