薄毛にならない為に食生活を見直そう

薄毛にならない為に食生活を見直そう

食生活では、体に対してしっかりと栄養を補うことが重要です。栄養不足の状態では体の機能が正常に働かず、肌荒れや頭皮の荒れ、その他にも体のさまざまな機能に影響を及ぼすことになります。

薄毛の場合には、髪の毛の成長に必要な栄養が不足してしまうことで、抜け毛が増加することが原因になることがあります。

そのため、薄毛の予防対策として食生活の見直しをすることが重要です。栄養バランスがとれた食事を心がけること、外食を控え偏食にならないように自炊でバランスよく栄養がとれる食事をすることが大切です。

健康を維持するため、薄毛予防のためにも食生活を見直してみることや栄養不足とならない食事ができるように自分なりに食事内容をチェックしてみましょう。

薄毛にならない為に適度な運動をしよう

薄毛にならない為に適度な運動をしよう

薄毛を予防するためには、適度な運動が大切です。

適度な運動を習慣にすると体の新陳代謝が良くなると同時に、血行も改善します。当然ながら頭部の血流も良くなるため、毛根や頭髪に良い影響を与えます。

血流が改善されるのは、運動により血液中の糖質がエネルギーとして代謝されると同時に脂肪が燃焼されるためで、特に有酸素運動が効果的です。

有酸素運動とは、ウォーキングやジョギング、水泳などのように酸素を体内に多く取り入れ、ある程度の時間継続する運動のことを言います。一方、筋力トレーニングのように、短時間で行う運動は無酸素運動と言われています。

有酸素運動は、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病の予防にも効果があるため、薄毛の予防のみならず健康な生活を送ることにも繋がります。

薄毛にならない為にヘアケアを心がけよう

薄毛にならない為にヘアケアを心がけよう

薄毛にならない為には、ヘアケアを心がける必要があります。

まず、薄毛を予防して美しい髪の毛を維持するためには、頭皮のケアを行うことが大切で、特にシャンプーは正しい方法を身に付けると効果が期待できます。

健康的な毛髪を保つために、シャンプーは1日に1回行うことが基本で、1回で2度洗うことがポイントです。

1度目で整髪料や表面の汚れなどを落として、2度目ではマッサージを行うように泡を毛穴に落とし込んで洗いますが、1度目のシャンプーでは半分くらいの量を使用します。

そして、ドライヤーをかける際は、髪の毛から20cm程度離して斜め45度くらいの位置からあてることがコツです。

そのような方法で行うと、温風がキューティクルの流れに乗るため、髪の毛をきちんと乾かすことができます。