男性が薄毛になりやすい部分は女性と違う?

男性が薄毛になりやすい部分は女性と違う?

現代社会の悩みとして、近年では男性ばかりの悩みだけではなく女性も薄毛に悩んでいる方達が増加しています。

男性が薄毛になりやすい部分は女性と違い、男性の場合では抜け毛が多くなり頭頂部が薄くなる、額が後退するなどといった症状が特徴です。

主に男性ホルモンの増加が原因であり、女性の場合では髪全体がボリュームがなくなり分け目やツムジなどが地肌が透けた状態になります。

男性と女性の薄毛の特徴や要因が違うことから、薄毛の進行を抑え改善へと迎えるにはそれぞれに適したヘアケアを行う事がポイントでもあり、髪の毛が薄くなってしまう前にケアする事が最も大切な事です。

睡眠不足や偏った食事、ストレスなどと毎日の生活の中でも薄毛対策を行う事ができます。

男性と女性、薄毛になりやすいのはどっち?

男性と女性、薄毛になりやすいのはどっち?

男性と女性では、男性の方が薄毛になりやすいと言えます。薄毛の原因は男性ホルモンのテストステロンに由来しているためで、テストステロンの分泌量が多い男性は、必然的にAGAを発症しやすくなります。

但し、薄毛の原因となる物質を生成する酵素5αリダクターゼは、男女関係なく遺伝するため、女性が薄毛にならないわけではありません。

女性はテストステロンの分泌量が圧倒的に少ないため、急激に薄毛になることはありませんが、高齢になると薄毛が目立ってくることもあります。

父親か母親のどちらかから遺伝するため、父親が薄毛で無いとしても、母親が遺伝子を持っていれば子供は薄毛となります。

このほか、性別に関係なく発症するストレス性の脱毛症もあり、特に企業で勤める女性はストレスにさらされる機会が多いため注意が必要です。

どうして男性の方が女性より薄毛になりやすいの?

どうして男性の方が女性より薄毛になりやすいの?

男性の方が薄毛になりやすいのは、男性ホルモンが主な原因と考えられています。男性ホルモンは髪の毛が生えてくるのを妨げるといわれています。

特に頭のてっぺんから薄毛になっている場合は男性ホルモンの影響が強いと考えられています。逆に女性ホルモンは髪の毛の成長を促進する効果があります。

男性にも女性ホルモンはありますが、圧倒的に少ないので髪の毛を成長させるには足りません。また遺伝子も原因といわれています。

テストステロンがジヒドロテストステロンに変わることで、毛包が縮んでしまい髪の毛が細くなり、やがて成長しなくなってしまうからです。

女性でもテストステロンはありますが男性より少なく、女性ホルモンがテストステロンの働きを阻害するから女性より男性の方が薄毛になりやすいです。