男性が薄毛になる原因

男性が薄毛になる原因

男性の薄毛は、M字ハゲや河童ハゲと呼ばれるように、生え際から頭頂部にかけての範囲に集中して発症するのが特徴です。

これは、この範囲の毛根内部に存在しているⅡ型5α-reductaseという還元酵素が男性ホルモンのテストステロンを変換することにより、DHTという物質が生産されるためです。

ちなみに、このDHTが原因で発症する薄毛のことは、AGAと呼ばれています。なお、DHTは男性生殖器の発育に密接に関係している物質で、薄毛を進行するためだけに生産されているわけではありません。

AGAの発症を左右するのは、毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体のDHTに対しての感受性で、母方から受け継ぐ遺伝子が決め手となると考えられています。

女性が薄毛になる原因

女性が薄毛になる原因

男性だけでなく、女性も加齢によって髪の毛が抜けやすくなったり細くなったりきます。

髪の毛の本数が変わっていなかったとしてもハリやコシがなくなり細くなってしまうと薄毛になってしまったと感じることもあります。

若い女性に多いのが無理なダイエットをしてしまうことです。過度なダイエットをするために食事制限などをしてしまうと栄養不足になってしまったりして、ホルモンバランスが崩れ薄毛になってしまう原因になってしまいます。

男性の薄毛の原因にストレスがあるのですが、これは女性も同様でストレスによってもホルモンバランスが崩れてしまったりして髪の毛が抜けたり細くなってしまったりします。

また薄毛になってしまったのではないかと悩むこともストレスになりさらに薄毛になってしまう原因の一つになります。

薄毛は遺伝してしまうの?

薄毛は遺伝してしまうの?

薄毛は遺伝することも多いです。デンセイホルモン受容遺伝子を両親から受け継いでいる人は、AGAのような男性ホルモンの作用が原因の薄毛になりやすいです。

この遺伝子は母親から受け継ぐX染色体に含まれるので、母方の親戚に髪の毛の少ない人がいれば、自分も薄毛になりやすいタイプだと考えられます。

女性は女性ホルモンにより抜け毛を抑制する力が働きますが、男性は女性ホルモンよりも抜け毛を促進する男性ホルモンの影響を受けやすいので母親が薄毛でなくても母方の祖父や伯父などをチェックしなければなりません。

ただし薄毛は生活習慣によってもなりやすさが変わるので、遺伝子により傾向が分かっている人も食生活などで予防をすることが大切です。